「わからなさ」を楽しむ数学教師の挑戦。

主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)を教師も実践!公立定時制高校の教務主任です。

【教師の読書】お洒落の本質を学ぶ。

もっとお洒落になりたいな。

 

そんな思いからこれを読んだ。

『世界のビジネスエリートは知っている お洒落の本質』

 

https://www.amazon.co.jp/世界のビジネスエリートは知っている-お洒落の本質-集英社文庫-干場-義雅/dp/4087440400/ref=pd_lpo_14_img_0/357-2555685-2508044?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4087440400&pd_rd_r=5659559d-fafc-4fe9-97f7-74d4bdc2155d&pd_rd_w=EpWfn&pd_rd_wg=bKuXD&pf_rd_p=4b55d259-ebf0-4306-905a-7762d1b93740&pf_rd_r=KP6YSBSV0E2BTGZFW9X9&psc=1&refRID=KP6YSBSV0E2BTGZFW9X9

 

ポイントはつぎの3つ。
①物事の本質を見極めることが大事

②TPPOを知ること

③まずは生活のリズムを正す

それぞれを見ていく。


①について。
「エコノミカル・ラグジュアリー」が大事。

 

本当にいいものを長く使い、無駄なお金は使わない。

著者の千場義雅氏の言葉だ。

 

例えば、白いシャツ。

すぐに汚れてしまう。

コストパフォーマンス重視で構わないとのこと。

 

その代わり、時計、靴など

長く使えるものにはお金をかける。

 

物事の本質を見極め、

ここぞというものにお金をかけることが大事である。


②について。
TPOではなくTPPO。

 

T・・TIME いつ

P・・PLACE どこで

P・・PERSON だれと

O・・OCCASION どんな機会

これをいつも考えて服を着る。

目立つのではなく、その場の景色に馴染ませる。

 

山にスーツで行っても浮く。

 

相手のことを考え、周りの状況をよく把握する。

それがTPPOではないだろうか。


③について。

どんなにいいものを着ていても、

顔色が悪かったり、手が汚れていたりすると台無し。

 

いい服を着る前に、

規則正しい生活、食事、運動。

基本はすべてに共通している。

 

もっとお洒落になれそうだ。

【教師の読書】『日本語の作文技術』で原理・原則を学ぶ。

久しぶりの読書。

 

今回は、『日本語の作文技術』だ。

https://www.amazon.co.jp/【新版】日本語の作文技術-朝日文庫-本多勝一/dp/4022618450

 

学びは次の3つ。

 

①助詞の使い方にはルールがある。
②修飾の順序を気にかける。
③句読点の位置で意味が変わる。

それぞれを見ていく。

①について。
テ、ニ、ハ、ヲには使い方のルールがある。
 
例えば、「ニ」をみる。
 
A 来週までに掃除をせよ。
B 来週まで掃除をせよ。
 
Aは1週間の間に一度掃除をすればよいが、
Bでは罰ゲームのようにずっと掃除をすることになる。
 
このように、助詞には適切な使い方がある。
 
自分が文章を書くとき、
確認して表現していきたい。
 
 
②について。
修飾の順序にも4つの原則がある。
 
1 節を先に、句をあとに。
2 長い修飾語ほど先に、短いほどあとに。
3 大状況・重要内容ほど先に。
4 なじみの強弱による配置転換。
 
これは、毎回確認しないと
まだ実行できそうにない。
 
文章を入れ替えながら、身につけたい。
 
 
③について。
、だけでも大きく意味が変わる。
 
AがBをCに紹介した。
Aが、BをCに消化した。
 
この、でも違う。
 
下の文では、「A」を強調したかったのだ。
 
正しい、ならば、朗読がしやすい
という原理のもと、
自分でアレンジをしていきたい。
 
 
 
さぁ、この通りに書こう
とはなかなかできない。
 
文章を書いていて迷ったら
この本に立ち返って考えたい。

 

【教師の読書】「学習指導要領」を活かしたい。

「学習指導要領」を愛読書にしたい。

 

その思いから、この本を手に取った。

 

www.amazon.co.jp

 

学びはつぎの3つ。

 

①「点」から「面」へ

②教科の本質を学ばせる

教科特有の「見方・考え方」を働かせる

 

それぞれをみる。


①について。

3点を通る平面がかける。

 

例えば、数学の授業では

・自己

・他者

・数学

の3点で面として構成する。

 

学校改革でも

・学校

・地域

・委員会

と3つの視点で巻き込み、成功した例が多い。

 

数学の授業でも、「面」を意識して

考えていきたい。

 


②について。

今の私の授業は、自己と他者のみで面になっていない。

 

数学の教科の本質が抜けているからだ。

 

・なぜこの教科はこの世に存在するのか

・どんな人がこの教科の構築に寄与したのか

・なぜこの教科に惚れたのか

・こんなに教科は美しいではないか、おもしろいじゃないか

と第2次ベビーブーム以前は授業をしていた。

 

上記の内容を生徒が実感できる授業で

教科の本質に迫りたい。

 

③について。

教科の本質に迫ることで、数学的な「見方・考え方」を働かせることができる

 

AIにできないことが、各教科にある。

図やグラフなと数学的な表現を生かして、

物事の本質をつかみ、

思考の方向性を定める力をつけたい。

 


学習指導要領には強い思いが込められている。

その思いを噛み締めて、自分なりに咀嚼して生徒に伝えていきたい。

【教師の読書】「バズる文章教室」から名作の秘訣を知る。

どういうわけか読みたくなる文章ってないだろうか。

 

『バズる文章教室』で学んでみたい。

 

www.amazon.co.jp


大事な点は次の3つ。


①現在から語る

②問いの共有で読者をひきこむ

③逆説は省略できない

それぞれを見ていく。


①について。

現在から語る文章の方が伝わる。

 

森鴎外の『雁』でも

「古い話である。

僕は偶然それが明治13年の出来事だということを記憶している」。

と現在から語っている。

 

これが、

「それは明治13年の出来事だった。

その頃僕は東京大学の鉄門の真向かいにあった、・・・」

と過去形にしてしまうとリズムがない。

 

実例で納得した。

 

 

②について。

読んでいて、ひきこまれたから。

 

星野源さんの文章から。

 

「最近、洗面台がビシャビシャになるんです」。

でなく

「どういうわけか洗面台がビシャビシャになるんです」。

と表現している。

 

「どういうわけか」と問いを入れることで、

読み手も引き込まれる。

 

私もやってみたい。

 

 

③について。

逆説を大事にしたいと思う。

 

私は文芸オタクだ。だから、本が好きだ。

 

この場合の「だから」は省略できる。

「そして」や「一方」、「なぜなら」、「ただし」

も省略できる。

 

「しかし」といった逆説だけはできない。

その分、逆説のあとに個性を出したい。

 

また、私は接続詞を省略しすぎる癖があるので

気をつけたい。

 


いろんな書き方、コツがあり、場面に応じて使い分ける。

作成を始めた「教務通信」にも生かしていきたい。

【教師の仕事術】教務通信の作成【学級通信を作るつもりで!】

さて、時間がある。

何をしようか、考えてみた。

 

まずは「教務通信」の作成だ。

 

・学校だより(通信)

・学年だより(通信)

・学級通信

は多くの学校にあると思う。

 

教務主任が、同僚向けに通信を作成している学校は

少ないだろう。

 

作成の目的は次の通り。

 

1.教務の仕事の楽しさ、やりがいを知ってもらう。

2.生徒、授業について、みんなで考えるきっかけとする。

 

やはり、教務の仕事って、

他の先生に理解していただいていないことが多いんです。

 

こんな仕事をしています。

 

・年間行事予定、月間行事予定の作成。

・時間割の作成。

・教員の授業の待ち時間の調整。

・生徒の在籍のとりまとめ。

・教育課程編成のとりまとめ。

・教科書採択のとりまとめ。

・入試業務のとりまとめ。

・学校の広報活動。

・校務システムの確認。

・校内研修の企画、運営。

 

「教務って忙しそう、大変そう」ってよく言われます。

でも実はとても「楽しい」んです。

 

その楽しさが伝わるようにしてみました。

 

第1号では、

・自己紹介

・この通信の目的

・連絡手段の確認

・時間割完成のお礼

・今度の予定

等を載せました。

 

先生方にお願いして動いていただくことがたくさんある。

 

そのために、情報共有と感謝の気持ちを

通信にこめていきたい。

 

今、自分が何をしているか、

自己開示をすると、きっと助けてくれる人がいる。

 

この通信、想いを語り、

みんなで協働して動いていければうれしい。

 

楽しみが増えた。

【臨時休校】算数・数学の課題。家庭学習を支える内容を提案。【自主学習】

臨時休校が続いている。

この様子では、5月7日再開も厳しいかもしれない。

 

zoom等を用いた、

オンライン授業や授業動画配信が話題となっている。

 

オンライン授業でなくとも

自宅学習で力をつけるアイデアが閃いたので、

早速共有する。

 

オンライン授業や授業動画は

教師がどう教えるかに重点がいっているように感じる。

 

教師の教えよりも、生徒の学びから授業をデザインしたい。

 

私(教師)=説明する(教える)人

あなた(生徒)=聞く人

という構図を変えないといけない。

 

数学は積み重ねが大事になり教科だ。

 

よくある家庭学習の課題が、

「問題集の〇〇ページ〜〇〇ページの問題を解きなさい」

というもの。

 

この課題でスローラーナーとトップラーナーの

両方の学びを支えることができるだろうか。

 

そこで、生徒一人一人が自分のペースで学べる課題を考えてみた、

 

前提は、

・zoom等でのオンライン授業はしない。

・課題の配信、回収はなんらかの手段(クラッシー、メール、FAX、郵送・・・など)がある。

ということで考えました。

 

 

【アイデア1】

オリジナル参考書づくり

 

スケジュールは次の通り。

 

(月曜日)

・教科書の該当ページを提示する。

 

(火〜水曜日)

・生徒は、指定された内容での

 オリジナル参考書(「まとめ」「問題」「解説」)を作成する。

 

(木曜日)

・参考書の課題提出締め切り。

 

(金曜日)

・回収した生徒の課題の中から、

 「モデル」となるものを選んで、配信する。

 

(土〜日曜日)

・仲間の作った参考書で自学に励む。

・自分の作った参考書を修正する。

 

(月曜日)

・リメイクした参考書を提出する。

・次の教科書のページを指定する。

 

ただ、問題集を解くだけでなく、

自分で問題を考えることで力をつける。

 

また、仲間の作品(参考書)から学ぶことで、

自身の学習の「振り返り」をし、次の学習への「見通し」を持たせる。

 

一定の期間でやることで、

オリジナル参考書ができあがる。

 

次の学年や別の単元で、オリジナル参考書を活用できる。

と授業再開後にもつながるものだ。

 

 

【アイデア2】

「わからなさ」で家庭学習をつなげる

 

スケジュールは次の通り。

 

(月曜日)

・教科書、問題集から解く問題を配信(提示)する。

 

(火、水曜日)

・生徒は問題を解く。

・解く中で「わからないこと」をまとめる。

 

(木曜日)

・「わからないこと」を提出。

・提出された「わからないこと」を一覧にして配信。

 

(金、土曜日)

・「わからない」に対する「処方箋」を考える。

 

(日曜日)

・処方箋を提出。

 

(月曜日)

・「処方箋」をまとめて配信。

・次の課題、問題を提示。

 

 

いろんな学校を見ていると、

ただ問題を解きなさいという課題が多い。

 

それでは、生徒の力となるのだろうかか。

 

普段の授業の延長と考えて、

「出力型の課題」と「わからなさの共有」で

イデアを出してみた。

 

学力に関係なく、自己決定をして取り組むことができる課題になっている。

「自分事」の学習にするには、「自己決定」が欠かせない。

 

どうだろうか。

家庭での教育力に頼らざるを得ない場面もあるかもしれない。

 

みんなで、生徒の学びを支えたい。

【教師の読書】読み、書き、話す。すべてはつながっている。

久々の読書。

 

Amazon CAPTCHA

 

齋藤孝さんの『読み上手、書き上手、話し上手になれる本』(だいわ文庫)

を読んだ。

 

大事だと思ったのはつぎの3つ。

 

①語彙力、要約力、感情を読み取る力が基礎である
②オリジナリティは1%あれば十分。
③知的好奇心を持つ
 
 
それぞれの理由を見ていく。

①について。
3つとも自分に不足していると感じた。
 
この3つの力を伸ばすために、
天声人語の書き写しをやりたい。
 
類語辞典で調べながら書くことで、
語彙力をつける。
 
そして、筆者が何を言いたいのかを読みとり、
感情を読み取る。
 
自分なりの重要なキーワードを3つ選んで、
要約の練習をする。
 

②について。
とても気が楽になったから。
 
書くときも話すときも
少しのオリジナルを意識してみる。
 
 
③について。
ただの好奇心ではだめだと驚いた。
 
マツコデラックスさんは
知識や常識をベースにして、そこからの差異を感じとる能力が高い。
 
いろんなことに、「なんでやろ?」と
好奇心を持って取り組みたい。


今は書くことだけを伸ばそうとしていたが、話す・聞くもともに伸ばしたい。
 
そのためには、語彙力、要約力、感情を読み取る力が不可欠だ。